alpenfrau

 

信州とアート

信州の街|信州のみどころ|信州への移住|アート|信州の宿

 

大町温泉郷にある美術館

ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館

 

日本の浮世絵が印象派の画家達やヨーロッパ文化に大きな影響を与えた事は広く知られる様になりました。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853-1890 オランダ生まれ)は生前多くの浮世絵をコレクションしました。 江戸時代の浮世絵界最大派閥といわれた歌川派の浮世絵などおよそ400以上が現在もオランダの国立ゴッホ美術館に所蔵されています。浮世絵(木版画)は1枚で1つの絵を成すものをはじめ、2枚又は3枚をつなげて1つの絵を成すもの、あるいは5枚、6枚やシリーズで作られたもの等ありますが、ゴッホの収集していた浮世絵は、1枚もしくは2枚が欠けていたりしています。「一般財団法人歌川派門人会」はこの浮世絵コレクションを同一絵柄の江戸時代の浮世絵で、世界で始めて完成させました。

 

ゴッホの研究家でゴッホの絵に描かれた日本文字の解読を世界で初めて行い、それを自らの絵「雨中の大橋上のゴッホ」として表し、浮世絵と共に 世界三大美術館の一つロシア国立エルミタージュ美術館を始めとして 米国、ヨーロッパ等、十数ヶ各国で展覧し、大反響を起こした歌川正国 画伯(本名 五井野正 ロシア国立芸術アカデミー名誉正会員 長野県在住)はゴッホが描 いた「雨中の大橋」と「花咲く梅の木」に書かれた日本文字を世界で初めて 解読しました。この2点の絵画に描かれた日本文字は多くの研究者の間では、 ゴッホは装飾で書いたものであり、日本人が見ても意味不明と長い間論じら れてきました。しかし歌川正国画伯の研究により解読されています。

 

ゴッホの作品「タンギー親爺の肖像画」の背景にはいくつかの浮世絵が描かれています。2枚の「タンギー親爺の肖像画」の背景にある浮世絵の内、9枚が展示しています。また、その浮世絵が描かれた意味も解説されています。

 

また、ゴッホが弟テオ宛ての手紙3枚並べて飾るよう要望した、ゴッホ作品も歌川正国 画伯と歌川工房の模写作品によって3枚並べて展示してあり、この作品にこめられたゴッホの意図をも解明しています。

 

歌川正国 画伯による「ゴッホの向日葵の復活」を読み、この美術館の展示をまわると、ゴッホの絵画をどのような意図で描いていったがわかるような気がする。

 

 

   ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館のホームページへ

 

ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館

 ゴッホが愛した歌川派
    (浮世絵)美術館

 

 歌川正国 画伯よって日本文字が  解読され、絵にこめられたゴッホの  意図が判明した。

 

ゴッホの向日葵の復活2

ゴッホの向日葵の復活1

ゴッホの向日葵の復活1

ゴッホの向日葵の復活2